fc2ブログ

林檎の宴

初心者Imac使いの日々を綴るブログ

MSの新キャンペーン「壁のない世界」は成功するか

2008/09/20 Sat [Edit]


これが「I'm a pc」のCMらしいが、何をアピールしているのかよくわからない。ビル・ゲイツが出てくることと、最後にWindowロゴが出てくることで「あぁMicrosoftのCMか」とわかるくらい。以下のMacのCMシリーズを知っている人は、「これに対抗したCMみたいだな」ということはわかるだろう。


以下、ITmedia AnchorDeskの引用。
MSの新キャンペーン「壁のない世界」は成功するか

 AppleはWindows社会の中のヒップなブランドだ。そのブランド力は「Macをゲット」CMよりもはるかに大きい。Crispin, Porter + Boguskyが手掛けた対抗キャンペーンが近視眼的なのは、それが1つの理由だ。Appleブランドの成功にはApple直営店やiPod、そして一連の製品宣伝キャンペーンの成功がはるかに大きく貢献し、「Macをゲット」の影響はごく小さい。

 いずれにしても、「わたしはパソコン」のCMはWindowsユーザーに対し、「Windowsユーザーでもいいんだよ」と語り掛けるものになると予想する。Burger Kingの「おれは男だ」CMのようなものになるだろう。

 このテレビCMが幅広い層にそっぽを向かれることはないだろう。わたしが見たところBurger KingのCMはそうなったが、Microsoftがそんなやり方を許すはずがない。しかしキャンペーン初期のCMが非常に男性的な感覚のものになるとは予想する。それがCrispin, Porter + Boguskyの特徴的なアプローチだ。CMは、女々しいMacと一緒にされたくない男性のWindowsユーザーにまずアピールしようとするだろう。彼らはタフで自立していて自信に満ち、成功を手にしている。なぜか。Windowsを使っているからだ。

ITmedia AnchorDeskでは、Macは女々しくWindowsは男らしい(タフで成功を手にしている)イメージを植え付けたいもの、と予想している。
私的には、これはWindowsとMacOSのイメージと言うよりは、例えば無骨なDELLのPCとおしゃれなMacでとらえれば「男」「女」のイメージはわからなくはないが、それではWindowsに逆効果であり、結局何をもって「男らしい=成功」をアピールしたいのかよくわからない。

ただ、Windows 7 があっと驚くすばらしいOSであって欲しいことには間違いない。
スポンサーサイト



Prev
目的の駅に近づくと起こしてくれる 「iNap」
Top
林檎の宴
Next
Mac OS X 10.5.6でBlu-rayサポート?

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
林檎の宴

プロフィール

inoken

Author:inoken
iMac20インチ: 2.4GHz

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最近のトラックバック

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

最近のコメント

iPod touch

Apple-Style Plus

ApplePeople

iTunes Store

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最近の記事

タグクラウド

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

Apple Store トップページランキング

月別アーカイブ

App Store